2016年02月27日

レギュラー仕様の『Lance』リリースです

こんにちは。
Spceialite & Etnreeスタッフのアキラです。

先日、日本経年変化協会の会長のブログで先行してお知らせさせて頂きましたショルダー・バッグ『Lance』のレギュラー仕様モデルについて多くのお問い合わせを頂きました。オーダーやお問い合わせを頂きました皆様ありがとうございます。

今回ようやくリリースのご報告をさせて頂きます。


企画担当の会長、製作担当の職人が満足した当ブランドのレギュラー仕様

ショルダー・バッグ:『Lance~Regular Specification~』
価格:60,000円(税別)
ブランド:Entree
素材:牛革
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:約0.8kg
カラー:グリーン/ブラウン/ネイヴィー(仮)
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

これまでリリースされてきたショルダー・バッグ『Lance』と採用しているレザー素材以外ではデザイン、設計は異なりません。
採用しているレザーは会長と椎名賢氏が約2年の月日を費やして検討した特別なレザーを採用しています。


愛好家の視点と作り手の視点。双方の視点で企画開発したオリジナルレザー『Sel』。
余計な溶剤を一切使わず染料とオイルだけで仕上げたダコダ調のレザーは絶妙な経年変化を生み出す

今回採用したレザーは当ブランドのオリジナルスムースレザー『Pate』(パテ)に続く第2弾となるオリジナル皮革素材『Sel』(セル)が採用されています。『Sel』(セル)と言うレザーの名称の由来はフレンチで言う”塩”と言う意味です。塩はほぼ全ての料理に使われ、味を活かすも殺すも塩次第と言う料理において重要な要素となってきます。

『Sel』(セル)は企画担当の会長と製作担当の椎名賢氏が約2年の月日を費やして企画開発を行ったレザーです。「良いレザー」とは愛好家にとっては「長持ちして革らしい質感のレザー」、作り手にとっては「作りやすいレザー」と同じ「良いレザー」でも視点によって評価が異なります。
『Sel』(セル)はそんな愛好家と作り手の視点で企画開発され、会長と椎名賢氏が納得した高品質なレザーです。

(画像:『Sel』ブラウン)

『Sel』(セル)は北米産Aクラスの牛の原皮を採用し、日本最大の皮革産地の兵庫県播磨のタンナーが脱クロム製法で丹念に鞣し、余計な溶剤(化学薬品)を一切使わずに染料とオイルだけで仕上げた『昔ながらの革の仕上げ』で仕上げています。スムースでも天然シュリンクでも無い革本来の吟面はダコダ調と言います。
脱クロム製法も一度クロム鞣しを行い、クロムを任意で抜き取り再度タンニン鞣しを行う技法ですが、ヌメ革の経年変化を求めているため、通常のコンビネーション鞣しの規定以上のクロムを抜き取っているため、多くの革職人がフルタンニンレザーと言い締めるほどの多量のタンニン成分で占めてします。

この質感は鞄にした際にもヴィンテージの革鞄が新品の状態を彷彿させる仕上がりとなっています。

(画像:『Sel』グリーン)

(画像:『Sel』ネイヴィー)

『Sel』(セル)は皮革生成後はパステル的な色の薄さが、目立ちますが染料とオイルだけで仕上げているため、無垢のヌメ革と同様日焼けと製品にしてから使用することにより、オイルが浸透し、露骨に色が濃くなる経年変化が生まれます。また革の吟面(表面)は空気に触れることや、製品になって手に触れたり衣服と擦れることにより、照りに近い艶が発生します。レザー愛好家の会長の理想とする経年変化を実現し、作り手の椎名賢氏の製作試作においても抜群の扱いやすさを要したレザーであり、レギュラー仕様の皮革として今回採用に至りました。


定番のブラウン。
生成りのヌメが日焼けした飴色の状態から光り輝く赤茶になるまで定番の経年変化まで育てて欲しい逸品!!

定番のブラウンです。
ブラウンにしては生成りの無垢のヌメ革が日焼けしたような色の薄さが印象に残りますが、前述の通り余計な溶剤(化学薬品)を一切使わず染料とオイルだけで仕上げているため、日焼けとオイルの浸透により、色濃く艶のある経年変化が起こります。特にブラウンの場合、企画担当の会長曰く
「レッドウィングのオロセットレザーブーツのような赤茶になる。」
事です。

鞄本体と同レザーで革テープを採用し、縁取りを施した縫製技術と革らしい革との組み合わせはレザーアイテム愛好家をワクワクさせてくれます。

『Lance』は長方形のように思われますが、鞄丈夫入り口は独特の形状パターンを有しており、軽く台形のシルエットを演出しており、定番のデザインながら見る人が見れば分かるこだわりを組み込んでいます。

定番のブラウン。老若男女問わず持てる逸品と言えます。


セールスよりも『我』を通した日本経年変化協会会長の意向で先行リリースされたグリーンは希少です。
どんな服装にも合いますが、お洒落が大好きな方向け。モスグリーンになるまで育てて欲しいです。

レギュラーの『Lance』のカラーヴァリエーションを検討する際、3色に絞ることになりました。
『Sel』(セル)自体は、ブラウン、グリーン、ネイヴィーに加え、ブラック、チョコ、キャメル、レッドと7色展開ですが、『Lance』に適したカラーで当初リリースすることになりました。それでも1つずつ製作することは大変時間が掛かるため、2色を先行リリースすることになりました。

やはり、定番のブラウンとネヴィーとグリーンどちらを先行するかで意見が別れました。製作担当者の椎名賢氏、スタッフはネイヴィーを推しておりました。それは一般的にブラウンとネイヴィーは販売が良いと言う理由からですが、企画担当の会長が

「そりゃネイヴィーの方が売れるけど、緑の染色でこんな綺麗な革はあらへんし他所も緑のレザーバッグはあらへんから売れる売れへんの問題やなくて作りたいか作りたくないかちゃうん?ど~せネイヴィーも作るんやったら緑を先にやりたい。」

と強固な姿勢で緑が先行しました(笑)。
これ以上機嫌損ねたら、あの人『赤』やとか言い出すんじゃない??との不安も浮上したので(笑)。
しかし、そんなエピソードも経て先行して製作された緑の『Lance』は美しいです。

素材から鞄になると何とも印象が変わります。

顔料着色が多いレザーには見られない染色のみで仕上げられた革らしい表情は秀逸です。
ベージュの綿ショルダーベルトの相性もすこぶる良いできです。

ここから更に色の濃いモスグリーンに経年変化していくと思うとワクワクします。

鞄のライニングにはチノ生地(綿)を採用しています。
ライニング、ショルダーベルトも鞄本体のレザーカラーによってブラックが採用されることも有るとのことです。

緑のショルダー・バッグ。
実はブラウン同様どんなファッションにも合うカラーですが、なかなか街中で染色のグリーンレザーを採用した鞄や小物は見かけません。


本日只今より通販サイトに掲載中です。


レギュラーラインナップなので、定期的に製作していくつもりですが、全てハンドメイドであるため、数ヶ月の周期を頂きますのでご了承よろしくお願いいたします。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
【sample & Outlet】新喜皮革製ホースハイド コイン&キーケース
今年一年ありがとうございました
JCBカード使えるようになりました
【デザインリニューアル記念追加製作】別注キーケース
【決定】Dear Skin 再リリース
お待たせ致しました!!
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 【sample & Outlet】新喜皮革製ホースハイド コイン&キーケース (2018-01-09 08:02)
 今年一年ありがとうございました (2017-12-31 17:49)
 JCBカード使えるようになりました (2017-10-16 19:11)
 【デザインリニューアル記念追加製作】別注キーケース (2017-10-04 16:03)
 【決定】Dear Skin 再リリース (2017-09-13 11:55)
 お待たせ致しました!! (2017-07-12 17:21)

Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 16:09│Comments(0)お知らせEntree バッグ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。