2018年01月09日

【sample & Outlet】新喜皮革製ホースハイド コイン&キーケース

改めまして明けましておめでとうございます。
そして新成人の方々ご成人おめでとうございます。

Specialite & Etreeスタッフのアキラです。
2018年度も無事にスタート致しました。素晴らしい一年になりますよう期待が膨らみます。

また、新年早々のお問い合わせやオーダーありがとうございます。

さて、昨年12月の28日~1月8日まで冬休みを長く頂戴いたしました。現在新作に向けてサンプル製作中です。
サンプル作品も昨年度が少しづつリリースしておりますが、本日も贅沢なサンプル作品のご紹介です。


修正してさらに予算オーバーとなったコイン&キーケース
昨年度にイタリアンレザーを採用したコインケースのサンプルをご紹介いたしました。(詳細はこちら)。
年末の棚卸し時に同じデザインのコインケースらしきものを発見致しました。

【サンプル製作】:コイン&キーケース
価格:8,000円(税別)
外装素材:新喜皮革製ホースハイド(馬革)
内装素材:帆布生地
カラー:ナチュラル
企画:日本経年変化協会

それがこちら。
もう1個見つけたぁ~!!と意気揚々と日本経年変化協会の会長に報告。少し嫌な表情で
「いやな、これちゃうねん・・・。」
え?何が違うんですか?会長からこのサンプル作品について詳細を尋ねました。流れを簡単に説明すると


①初回サンプルが予算オーバー(売値が高すぎる)。

②イタリアンレザー(輸入レザー)が予算オーバーの原因だと思う。

③国産レザーを採用しよう(新喜皮革のホースハイド採用)

④素材変えただけじゃ面白くない。キーケース機能を追加しよう!!

⑤キーケースの金具にもこだわってみよう!!

⑥結果、前回よりも予算オーバー(関係者に叱られる)

何やってるんですか?会長icon11
2度のサンプル製作で予算オーバーをクリアできる目処が絶たないことで完全に企画をボツにしたそうです。
しかし、これがなかなか良い作品なんです。

馬の荒々しさそのままに新喜皮革製フルタンニンホースハイドのナチュラルを採用
そもそも初回サンプル製作で予算オーバーをしたのはイタリアンレザーつまりインポートレザーを採用したことに原因があると考えたそうで、国産の上質なレザーを採用してインポートより価格を落とそうとしたそうです。その際にコードバンで有名な新喜皮革のホースハイド(馬革)の採用を検討したそうです。
馬革って牛革に比べると傷が多いので色々仕上げ加工を施すものですが、今回はタンニン鞣しのみで染色など一切仕上げ加工を行っていないナチュラルな馬ヌメをそのまま。良くそんな市販されていないレザーを入手できましたね。
「当時、姫路のツテを使って仕上げ前のレザーを工場で直接選んで持ってきてもらったの。」
ってそんな事してたんですか・・・。
今は仕入れは非常にカッチリ管理されているので、これも創業時ならではエピソードかと思います。

馬ヌメの鞣したままの姿。
本体にもスムースレザーですが、特有の凹凸感がそのまま活かされております。

馬革特有の傷や痣の跡が独特のムードを演出しております。
「いや、これがワシ革使ってるって感じするやろ?」
と会長。今も昔もそんな趣味だったんですね・・・。
でここまでの変更であればレザー代金が百数十円コストダウンできたそうなんですが、
「素材変更だけやったらテンション下がるやん?ほんで機能追加したら失敗したんやがな・・・。」
最近、会長の事が判ってきましたが、予算が合わないのでそれよりも安価な素材に変更した時に企画担当者として妥協したと思ってしまうそうです(笑)。

追加機能にもこだわり過ぎたのも予算オーバーの要因
で、領収書や切符を挟み込むフリースペース部分を上手く何かに利用できないかと考えた会長と当時の仲間たち。

フリースペース部分もジッパーで開閉が可能な設計となっております。
閉めた状態では私も追加機能が分かりませんでした。

開閉するとキーケースになってます(笑)。
でもこれだけでそんなに予算オーバーしますか?

良く見てみろと言われてみてみました。
「え~理解らへんの?センス無いな~。」
なんとこちらの金属パーツ。スイス製のamilet社製の金属パーツでございました。
で金属パーツの下にかすかに視える補強の為のレザーもあり、裁断パーツが増えて製作費用も工程が増えて値上がって、金像パーツの価格も加わってさらに予算オーバーしたそう・・・。

素材の出処不明と言うのを毛嫌いする会長。最近では原価のお勉強もされているそうですが(自称ですよw)、予算度返しのこだわりでサンプル製作をする度に原価があがると言う悪循環でボツにしたそうです(笑)。

仕立ては初回と同じく質実剛健な仕立てです。

仕立ては初回と同じく質実剛健な仕立てです。
本体内部には帆布生地でライニングを施しております。

今は採用していない太糸による縫製を採用しております。
ジッパーのスライダーもホースハイドで製作し、縫製を行う徹底ぶり。

小さな細かいところにもこだわり、勿論コバが発生する部分は磨きを施しております。

本体には少しマチを製作してパイピングで設計するなどのこだわりぶりです。
「素材多少落として価格落とすのはかなり品質落とさないとあかん事が判ってん。ある程度の品質を維持したら安くなったと言っても知れてるちゅ~話やね。そやから素材でコストダウン考えへんねん。うちは。」
と会長。
自分の失敗談を美談にしてお話してくれました(笑)。

当ブランドで一番お買い得なのはサンプルかもしれないと(うっすら思う・・・)。
商品化が決定したサンプルは一度使い込んで見るのでほとんど残らないのですが、これがサンプル作品の面白いところでもあります。

今回も1個だけの唯一無二のサンプル作品となります。
コインケースにこだわりたい方。馬革愛好家の方は是非ともオーダーお待ちしております。オーダーはこちらから。


それでは本年度もよろしくお願い致します。



  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 08:02Comments(0)お知らせサンプル・試作

2017年12月31日

今年一年ありがとうございました

こんんばんは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

よ~やく私達も事務所を閉めて年越しです。
本年度中は数多くのオーダーやお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございました。

まだまだ駆け出しの小さなブランドですが、妥協しないこだわりでモノづくりを行っております。
来年度も引き続きよろしくお願い致します。

来年度は1月4日から営業致します。
年末年始におけるお問い合わせやオーダーは1月4日からの対応となりますのでご了承よろしくお願い致します。


  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 17:49Comments(0)お知らせ

2017年10月16日

JCBカード使えるようになりました

こんばんは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

9月20日からWEB STOREのカード決済でJCBカードが使えるようになりました。
今まで使えなかったのかと会長も驚きでしたが、今までご不便をおかけしておりました。


これで主要カードキャリア様はほぼ使えるようになっております。
今後とも宜しくお願い致します。



  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 19:11Comments(0)お知らせ

2017年10月04日

【デザインリニューアル記念追加製作】別注キーケース

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

最近、すっかり秋めいて来ました。
季節が変わるのと同時に本日当ブランドのWEB STOREのデザインをリニューアル致しました。
まだ微調整が必要ですが、日本経年変化協会の会長は「コンビニ行ってくる。」と言ったキリ帰ってきません(多分逃げたw)。

しかし、今回素敵なアイテムを事務所に残していきました。
こんかいのデザインリニューアルに併せて追加製作されたアイテムです。

今回のカラーリングはよりシックな高級感を
今年の8月にリリースされたものの予約の段階で完売となってしまいました、別注のキーケースです。

【別注キーケース】 Specialite With Gum-A-Mama Leathers Kobe Smart Key Case2017
価格:15000円(税別)
素材:外装コードバン(新喜皮革) 内装栃木レザー
カラー:外装モスグリーン 内装ネイヴィー
副資材:ジッパー WALDES その他ブラス(真鍮)
ブランド:Specialite / Gum-A-Mama Leathers Kobe
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

外装は『革の宝石』と称される新喜皮革のコードバン、内装は日本最高峰のベジタブルタンニンレザーと称される栃木レザーを採用している贅沢な仕様は変更ございませんが、カラーリングが変更になっています。
前回の製作は、あくまでも会長個人のオーダーであり、今回は正式に製作者本田氏が率いるGum-A-Mama Leathers Kobeと当ブランドのコラボリリースと言うことで、双方のブランドイメージからかけ離れていないカラー選定がなされました。

モスグリーンになってますます高級感が演出されたように思います。

これからの季節アウターなどが大活躍しますが、アウターのポケットにも収まりやすいサイズ感で、自宅や自動車のキーをひとまとめにして身につけることができます。

ジッパーはWALDESのブラスジッパーを採用。
スライダーの引き手にも外装と同じコードバンを装着してスライダーの操作を容易くしております。

今回は本田氏の提案で、外装のコードバンに当ブランドの刻印を施しております。

内装パーツに本田氏自身のブランドであるGum-A-Mama Leathers Kobeの刻印を施しており、コラボモデルを象徴しております。
一般的な鍵だけでなく、近年増えている自動車のスマートキーも収納できるのがポイントです。

今回は前回よりも多く製作致しました。検品できたぶんだけを現在掲載しております。
贅沢な仕様のアイテムのお目見えです。
オーダーはこちらから




  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 16:03Comments(0)お知らせ

2017年09月13日

【決定】Dear Skin 再リリース

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

夏も終わりで秋を迎えますが、まだまだ暑い日が続いたりゲリラ豪雨がありますね。
そんな鬱陶しい天気を吹き飛ばしてくれるニュースが入りました。

問い合わせが殺到しておりました『Dear Skin』再リリース決定です
完売以降、
『次の販売はいつですか?』
『どこで買えますか?』
などお問い合わせが最も多かったアイテム。

スキン専用ケース『Dear Skin』が再リリースと相成りました。
スキン専用ケースとしてここまで、作り込んでいるのは日本でも唯一当ブランドだけかと思います。

あまりにもお問い合わせが多いので、企画担当の日本経年変化協会の会長にスタッフ一同が掛け合いましたicon09
その後、会長と椎名賢氏が面談し販売価格の値上げを止むえませんが、再リリースとなりました。


これまで再リリースできない理由
『Dear Skin』は元々、単発のイベント的なアイテムとして企画リリースされておりました。

①鞄製作で発生した端革を採用すること。
②椎名賢氏のスケジュールが空いている時に製作すること。

この2点が製作の条件でありましたが、現在鞄の端革が歩留まり良くなり思ったより発生しないこと。
また企画当時より、会長も椎名賢氏も忙しくなり、スケジュールに余裕が無いことが製作出来ない理由でした。

今回、専用にレザーを準備する。
椎名賢氏のスケジュールを確保する(製作費用の値上げ)を行うことで
15,000円(税別)での再リリースに至りました。

製作開始は年末からの製作となりますので、来年早々のリリース予定です。  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 11:55Comments(0)お知らせSpecialite 革小物

2017年07月12日

お待たせ致しました!!

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

昨日、完売しておりましたラウンド式長財布『#10~Red Dragon Ver~』が完成し、検品後再リリースさせて頂きました。
ご予約頂いた方々には本日、お送りさせて頂きました。

ラウンド式長財布:『#10~Red Dragon Ver~』
価格:54,000円(限定本仕様価格)
素材:牛革(外装:クロコ型押し姫路牛革 内装:イタリアトスカーナ牛ヌメ革)
概算寸法:20cm✕11cm✕3cm
概算重量:350g
カラー:オールレッド
収納:札入れ(✕4)、カード✕10、コインケース、領収書スペース
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

今回内装のイタリアンレザーが全て使い切ったので、一旦製作は完了となります。
非常に突き抜けた仕様の一作となっております。
愛着を持てる長財布をお探しの方は是非とも所有する満足感を体験して頂きたいと思います。
最終5個のみ通販サイトに掲載しております。

オーダーはこちらからお願い致します。
  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 17:21Comments(0)お知らせSpecialite 革小物

2017年07月05日

若干数ですがご予約承ります

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

本格的に梅雨入りし、神戸は連日の雨でございます。
さて、先の日本経年変化協会会長のブログでご紹介させて頂きました、今年の新作である春財布の素材違いでリリースされました『#10~Red Dragon Ver~』がご予約で完売モードですが、来週には完成予定です。インナーのレザーをすべて使い切った本製作で完売とさせて頂きます。現在若干数ですが在庫が見込めましたのでご紹介させて頂きます。

突き抜けた『存在感』は、所有浴を刺激する

ラウンド式長財布:『#10~Red Dragon Ver~』
価格:54,000円(限定本仕様価格)
素材:牛革(外装:クロコ型押し姫路牛革 内装:イタリアトスカーナ牛ヌメ革)
概算寸法:20cm✕11cm✕3cm
概算重量:350g
カラー:オールレッド
収納:札入れ(✕4)、カード✕10、コインケース、領収書スペース
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

なんと言っても外装レザーの真っ赤なカラーリングとクロコのホーンバックの型押しのインパクトです。
この突き抜けた『存在感』はレザーアイテムを愛好される方々の所有欲を刺激します。
私も仕事柄色んなブランド・メーカーの財布をチェックしますが、ここまでインパクトのある作品は稀です。

真っ赤なクロコの型押しレザーは機械による吹付け仕上げと異なり、一枚一枚経験豊かな仕上げの職人による手作業による吹付けでクロコのウロコに陰影を生み出しています。
今回は皮革産地として知られる兵庫県は姫路市のセカンドレザー・野村染色の代表である野村智弘氏自らが仕上げてくれた一枚を採用しています。作り手・作家さんの要望を聞き入れてくれる仕上げの専門家ですので、唯一無二のレザーをお探しの方は是非ともお問い合わせ下さい。

一度朱色に染色してから赤の吹付け仕上げを行っているので、レザーそのもの経年変化も非常に楽しみです。
型押しレザーの欠点は歩留まりが非常に悪くなることです。
ウロコの綺麗な部分だけの裁断になりますので、良いとこ取りの贅沢裁断で製作せざるを得ません。今回もクロコのホーンバック(背中)が財布の外装センターに来るように贅沢な裁断を行っています。

凹凸により濃淡が生まれるこの印影こそが大量生産で表現できない手作業ならではの仕上げとなります。

『#10』のヴィジュアルポイントとなるのは何と言っても通常革小物では採用しないサイズの10番ジッパーを採用していることですが、本作でも健在。ブラス(真鍮)製のWALDESジッパーを採用しています。

当ブランドの長所でもあり短所でもある『原価よりも完成度』の訴求
今回の仕様に関して、一番贅沢なのがインナーレザーに採用しているレザーです。

インナーレザーにはイタリアはトスカーナ州にあるオットンチェット社のフルタンニンレザーを採用しています。
現在インポートレザーの価格は跳ね上がっていることは革作家の方々でしたらご周知の内容ですが、贅沢にインナーに採用しています。

最近私は仕入れチェック担当もしておりまして、会長の思いつき買い付けを厳重にチェックしています(笑)。今回も一旦『待った』を掛けました。国産のヌメ革と比べると価格も倍近く高いものでして・・・。次のような押し問答を行いました。

Q:『会長。価格は倍近く高くなります。売値を上げるんですよね?』
A:『そ~なん?値段はあげへんよ。』

Q:『見えないところに使うようなレザーじゃないでしょう?他のレザーじゃダメなんですか?』
A:『財布なんて毎日開けるからメッチャ見えるやん。他のレザーじゃだめ。落ち着いた赤と質感で選んだ』

原価よりも完成度重視だから面白いんじゃない??
ってことでしたが、当ブランドの長所でありながら、怖いところもあります(笑)。

ちょっと朱色がかった赤が外装のレザーとマッチングすることが採用のポイントです。
『#10』はお客様からも『革の塊』と言われるほど見た目以上に重厚です。インナーのレザーが幾層にも重ね合わせていることから重厚感が生まれています。
当ブランドのお客様はお目の高い方々が多く、この度も非常に速い段階でご予約を頂きまして誠に有難うございます。

今月中頃にはお届けできるかと思います。今しばらくお待ち下さいますようよろしくお願い致します。
また、今回も若干数の在庫になりますので、ご予約頂いても、完売している場合もございますのでご了承よろしくお願い致します。


ご予約方法
ご予約に関しましてはコチラをクリックして頂くか下記URLからアクセスして頂き、必要項目をご入力のうえご予約下さいませ。
【予約用URL】
https://thebase.in/inquiry/specialite-shopselect-net

私からメールにてご予約確認のメールを差し上げます。
その際、請求書を添付しておりますので、ご入金確認後の商品のお届けとさせて頂きます。

ご予約時に完売している場合はその旨もメールさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願い致します。
  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 13:10Comments(0)お知らせSpecialite 革小物

2017年05月13日

ショルダーバッグ『Lance~Regular Specification Last Edition~

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。
随分とブログをご無沙汰しておりました。

今回ご紹介するのは当ブランド定番のショルダーバッグ『Lance』に待望の仕様が登場したのでご紹介致します。


待望のブラック、ダークブラウン。そしてマニアックな仕様に変更
今回仕上がってまいりましたのがこちら。

ショルダーバッグ:『Lance~Regular Specification Last Edition~』
価格:64,800円(税込)

素材:牛革(脱クロム鞣しダコダ仕上げ)
ブランド:Entree(アントレ)
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:0.8kg
カラー:Dark Brown/Black
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

リリース以降多くのご要望を頂いておりました、ダークブラウンとブラックがようやくお披露目です。
フォーマルでも使えるカラーヴァリエーションです。
今回ただの色違いではございません。よりマニアックな改良が加えられております。

レザーの経年変化に合わせて真鍮製パーツを採用したかったのですが、フラップの留め具に真鍮製がなかったのですが、今回回転ヒネリ式パーツからドイツホックボタンに変更することによって全ての金属パーツを真鍮製に変更いたしました。

フラップ開閉時。

万が一の金属パーツ交換修理にも対応できる仕様となっております。

それに伴いハトメに至る小さな金属パーツまで徹底して全て真鍮製に変更しております。
真鍮パーツの特徴はレザーの経年変化に呼応するように経年変化する金属であるため、長年愛用して頂くことで違和感なく鞄全体の質感が向上します。

ブラックやダークブラウンといったダークカラーは全体のシルエットがしまって見えます。
経年変化も含みをました暗みと艶が特徴となります。

留め具の変更に伴って少々ヴィジュアルが代わりましたが、私はこちらのヴィジュアルの方が好きです。

いつもWEBサイトをチェックして頂いているお客様もいらっしゃって嬉しい限りですが、こちらのブログで紹介するタイミングで在庫が完売近くなってしまいました。いつもご覧いただき本当に有難うございます。オーダーはこちらから承っております。

  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 15:06Comments(0)お知らせEntree バッグ

2017年03月17日

今回の製作は日本最高峰のヌメ革である栃木レザーです

おはようございます。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

先日、日本経年変化協会のブログで紹介されましたが、今年の2月にリリース後わずか3日で完売してしまいましたコインケース『Glip』が今回は日本最高品質と名高い栃木レザーを採用して再製作を行いました。
完売後、多くの方々に再製作を希望するご要望を頂き、製作スケジュールを切り上げてのリリースに至りました。

皆様誠にありがとうございます。

素材が変わると全く別の表情に。革らしく経年変化の激しさが想定できる仕上がりです

コインケース:『Glip~栃木レザー Ver~』
価格:6,000円(税別)
素材:牛革(栃木レザー)
カラー:キャメル
概算寸法:12cm✕5cm
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

初回は限定ということでコードバンでのリリースとなりましたが、今回の製作は先に述べました通り、日本最高品質と称され世界的にも希少になってきましたピット鞣しによるフルタンニンレザーを生み出す栃木レザーを採用して製作を行っております。
これまでにも栃木レザーを採用したことがございますが、今回の製作から栃木レザーのシンボルである”赤タグ”を私共でも同封してお届けすることになりました。

仕様、仕立ては前回同様に全く変更しておりません。
ジッパーにはレザーの経年変化と相性のよりブラス(真鍮)製のWALDESを採用。

背面にはオーナー様の創意工夫で使い方次第のブラス製ガムリングを装備。
もちろん、コバ(革の断面)は本田氏による手作業による切り目本磨き仕上げで仕上げております。

まったく、同じ仕様、同じ仕立てで仕上げているにも関わらず素材が変わるだけでかなり質感がことなり、別モノのように感じてしまうのは私だけでしょうか??


純粋な植物タンニンレザーは『掴む』、『擦れる』日常の愛用で革らしく育つ
原皮からレザー精製されるまで、約3ヶ月の期間を要する手間と時間がかかる栃木レザーは、濃度の異なるミモザの溶液に漬け込むことにより、繊維の隅々までタンニンが浸透し、引き締めています。素揚げに近い仕立てのレザーを採用することにより、『日焼け』もします。

女性が掴んでもこのサイズ感。
小銭は日常的に増減を繰り返すために日々使うたびに『握る』と言う動作が発生するでしょう。

その抜群のサイズ感と使い勝手の良さからポケットに収納してしますことが多いでしょう。
衣服の繊維と擦れることも『育てる』事の重要なファクターの一つです。
毎日使い込んで自分色に育てて欲しい一作となりました。
本日より通販サイトに掲載しております。
オーダーはこちら。



オーダーに関するご注意
※今回の初回配送日は3月21日(火)となります。
※世間で話題になっていますが、配達先不在が無いよう、ご在宅時間を考えて時間指定して頂けると助かります。
※今回素揚げのレザーで多少の色ムラ、小傷がありますが、革本来の風合いを表現するものです。
  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 07:30Comments(0)お知らせSpecialite 革小物

2017年02月09日

完売御礼

こんにちは。
Specialite & Entreeスタッフのアキラです。

今週リリースさせて頂きました新作コインケース『Glip~Cordvan Ver~』は昨日をもって完売致しました。
オーダー頂いた皆様、誠に有難うございます。

完成前にオーダーの受け付けを始めましたが、1週間足らずで完売と非常にスピード感あるオーダーを頂戴しました。
今尚、再製作についてお問い合わせを頂きますが、コードバンでの製作は今回が特別仕様と言うことで、当面考えてはおりません。

商品・作品としては当ブランドのレギュラーラインナップで考えておりますので、コードバンと異なる素材でのリリースは検討しておりますが、当ブランドは全て職人によるハンドメイドであるため、早急な再製作は難しいと言えます。レギュラーラインナップでの発表をお待ちいただけますようよろしくお願い致します。

今後も皆様の感情を刺激するような商品リリースを心がけてまいりますのでよろしくお願い致します。


  


Posted by Specialite/Entreeスタッフ at 13:31Comments(0)お知らせSpecialite 革小物